目次へ  縦書き

歌稿B 大正六年四月

 
     ※
 
450  やまなみの
   雪の藍にひかり湧きて
   とざすこゝろにひるがへり来る。
 
     ※
 
451  これはこれ
   水銀の海のなぎさにて
   あらはれ泣くは
   阿部のたかしら。
 
     ※
 
453  ベムベロはよき名ならずや
   ベムベロの
   みぢかき銀の毛はうすびかり。
 
     ※
 
456  夕霧の
   霧山だけの柏ばら
   かしはの雫降りまさりつつ。
 
     ※
 
457  雲とざす
   きりやまだけの柏ばら
   チルチルの声かすかにきたり。
 
     ※
 
455  こはいかに
   雪のやまなみ
   たちならぶ家々の影みなここにあり。
 
     ※
 
458  雪くらく
   そらとけじめもあらざれば
   山のはの木々は宙にうかべり。
 
     ※
 
459  水いろの
   そらのこなたによこたはり
   まんぢゆうやまのくらきかれ草
 
     ※
 
460  うつろとも
   雲ともわかぬ青びかり
   陰いろの丘の肩にのぞめり。
 
     ※
 
461  わがうるはしき
   ドイツたうひよ
  (かゞやきの
   そらに鳴る風なれにもきたり。)
 
461a  わがうるはしき
    ドイツたうひは
    とり行きて
    ケンタウル祭の聖木とせん
 
     ※
 
462  鉄のゲル
   紅くよどみて
   水はひかり
   五時ちかければやめて帰らん。
 
462a  ビーカーに
    鉄の澱みて
    水もひかり
    五時ちかければやめて帰らん。
 
     ※
 
463  鉄のゲル、そつと気泡を吐きたれば
   かなしき草につゆ置くごとし。
 
     ※
 
465  かたくりの
   葉のは消えつあらはれつ
   雪やまやまのひかりまぶしむ。
 
     ※
 
466  朝の厚朴ほう
   たゝえて谷に入りしより
   暮れのわかれはいとゞさびしき。
 
     ※
 
467  群青の
   そらに顫ふは
   のはなの
   かほりと黒き蜂のうなりと。
 
     ※
 
468  かむばしき
   はねの音のみ木にみちて
   すがるの黒きすがたは見えず。
 
     ※
 

469  連山の
   雪にほやかに空はれて
   すがるむれたりひかるこのはな。
 
     ※
 
470  会はてぬ
   ラッパ剥げたる蓄音器
   さびしみつまた
   丘をおもへり。
 
     ※
 
471  ひしげたる
   蓄音器のまへにこしかけて
   ひるの競馬をおもひあるかな。
 
471a  ひしげたる
    ラッパの前に首ふりて
    レコードを聴く
    幹事の教授
 
     ※
 
472  花さける
   さくらのえだの雨ぞらに
   ゆらぐはもとしまれにあらねど。
 
     ※
 
473  さくらばな
   日詰の駅のさくらばな
   風に高鳴り
   こゝろみだれぬ。
 
473a  焼杭の
    柵にならびて
    るりいろの
    風高鳴らす
    はなざくらなり
 
473b  あまぞらの風に
    高鳴るさくらばな
    ならびて黒き
    焼杭の柵
 
473c  あまぞらの風に高鳴り
    わが胸をうちどよもせる
    さくらばななり
 
     ※
 
474  さくらばな
   あやしからずやたゞにその
   枝風になりてかくもみだるは。
 
     ※
 
475  パラフヰンの
   まばゆき霧を負ひたれば
   一本松の木とはみわかず。
 
     ※
 
476  野の面を
   低く雲行き
   桑ばたけ
   明き入江にのぞめるごとし。
 
     ※
 
477  山山の
   肩より肩にながるゝは
   暮のよろこび
   さとりのねがひ。
 
     ※
 
482  箱ヶ森
   みねの木立にふみ迷ひ
   さびしき河をふりかへり見る。
 
     ※
 
483  箱ヶ森
   たやすきことと来しかども
   七つ森ゆゑ
   得越えかねつも。
 
     ※
 
484  箱ヶ森
   あまりにしづむながこゝろ
   いまだに海にのぞめるごとく。
 
484a  七つ森
    白雲あびて
    巫戯けたる
    けものの皮のごとくひろがる
 
     ※
 
488  おきな草
   とりて示せど七つ森
   雲のこなたに
   むづかしきおも
 
     ※
 
489  七つ森
   青鉛筆を投げやれば
   にはかに
   機嫌を直してわらへり。
 
     ※
 
490  薄明の
   寒天のなかにつゝまるゝ
   白雲と河と
   七つの丘と。
 
490a  薄明の
    膠朧液に
    とざされて
    白雲浴ぶる
    七つ森なり
 
     ※
 
492  チュウリップ
   かゞやく酒は湧きたてど
   そのみどりなる柄はふるはざり
 
     ※
 
493  きれぎれに歌ふきらぼし
   よせきたり
   砕くる波の青き燐光。
 
     ※
 
494  濾し終へし
   濾斗の脚のぎんななこ
   いとしと見つゝ
   今日も暮れぬる。