目次へ  縦書き

歌稿B 大正五年十月より

 
     ※
 
366  あけがたの食堂の窓
   そらしろく
   はるかに行ける鳥のむれあり。
 
     ※
 
367  淀みたる夜明の窓を
   無造作に過ぐる鳥あり
   冬ちかみかも。
 
     ※
 
368  さだめなく
   鳥はよぎりぬ
   うたがひの
   鳥はよぎりぬ
   あけがたの窓
 
     ※
 
369  鉄ペン鉄ペン
   鉄ペンなんぢたゞひとり
   わがうたがひの
   あれ野にうごく。
 
     ※
 
370  雲ひくき峠超ゆれば
   (いもうとのつめたきなきがほ)
   丘と野原と。
 
     ※
 
     ※
 
371  草の穂は
   みちにかぶさりわが靴は
   つめたき露にみたされにけり。
 
     ※
 
372  あけがたの
   皿の醤油にうつり来て
   桜の葉など顫ひあるかな。
 
     ※
 
373  すゞかけの木立きらめく朝なるを
   乳頭山にゅうつむりやま
   ゆき降りにつゝ。
 
     ※
 
374  いたゞきに
   いささかの雪をかぶるとて
   あまりいかめし
   にゅうつむり山。
 
     ※
 
375  蜘蛛のいと
   ながれて
   きらとひかるかな
   源太ヶ森の
   碧き山のは。
 
     ※
 
376  はるかなる
   山の刻みをせなにして
   夢のごとくにあらはれし雁。
 
     ※
 
377  気層つめたく酔ひしらけ
   ひかりのしめりほの赤し
   めぐるはきらぼし。
 
     ※
 
379  みんなして
   写真とると台の上に
   ならべば朝の虹ひらめけり。
 
     ※
 
380  何もかも
   やめてしまへと弦月の空にむかへば
   落ちきたる霧。
 
380a  落ちきたる霧と半月
    なにもかもやめてしまへと
    もいちどどならん
 
     ※
 
381  弦月の
   そつとはきたる薄霧を
   むしやくしやしつゝ
   過ぎ行きにけり。
 
     ※
 
382  にせものの
   真鍮いろの脂肪酸
   かゝるあかるき空にすむかな。
 
     ※
 
383  東にも西にもみんな
   にせものの
   どんぐりばかりひかりあるかな。
 
     ※
 
384  こざかしく
   しかもあてなきけだものの
   尾をおもひつゝ
   草穂わけ行く。
 
     ※
 
385  しろがねの
   月はうつりぬ
   humusフィーマスの 野のたまり水
   荷馬車のわだち。
 
     ※
 
386  青びかりのかゝる天盤の下にして
   あまりに沈む Lipariteかな
 
     ※
 
387  野ばらの木など
   かゞやくものを 七つもり
   あまりにしづむ リパライトならずや。
 
     ※
 
388  猩々緋
   雲をけふこそ踏み行けと
   をどるこゝろの
   きりぎしに立つ。
 
     ※
 
390  きん色の西のうつろをながむれば
   しばしば
   かつとあかるむひたひ。
 
390a  入合の
    松並木行く檻馬車に
    しばしばかつと
    あかるむうつろ
 
     ※
 
391  「青空の脚」といふもの
   ふと過ぎたり
   かなしからずや 青ぞらの脚
 
391a  「青ぞらの脚」といふもの
    ひらめきて
    監獄馬車を
    ふと過ぎ行けり
 
     ※
 
392  いまいちど
   空はまつかに燃えにけり
   薄明穹の
   いのりのなかに。
 
     ※
 
393  学校の郵便局の局長は
   (桜の空虚)
   齢若く死す。

393a  うつろある桜並木のかたすみに
    若き局長年わかく死す。
 
     ※
 
394  まどがらす
   とほり来れる日のひかり
   日のひかり つくゑ
   ひとの縄ばり。
 
     ※
 
395  「いきものよいきものよいきものよ」
   とくりかへし
   西のうつろのひかる泣顔。
 
     ※
 
396  うつろしく
   遠くのぞめばひらめきて
   たそがれぞらは
   だんだらの縞
 
     ※
 
397  たそがれの
   そらは俄にだんだらの
   縞をつくりて灯はゆれにけり。
 
     ※
 
398  こは雪の縞ならなくに
   正銘の
   よるのうつろのひかるだんだら。
 
     ※
 
399  ギザギザの硬き線あり
   むらがりて
   ねむりの前のもやにひかれり。
 
     ※
 
400  こなたには
   紫色のギザギザと
   ひかるそらとのあしきあらそひ。
 
     ※
 
401  霜枯れし
   トマトの気根
   しみじみと
   うちならびつゝ
   冬きたるらし。
 
     ※
 
402  青腐れし
   トマトたわわのかれ枝と
   ひでりあめとのなかなるいのり。
 
     ※
 
403  霜腐れ
   青きトマトの実を裂けば
   さびしきにほひ
   空に行きたり。
 
     ※
 
404  はだしにて
   雲落ちきたる十月の
   トマトばたけに立ちてありけり。
 
     ※
 
405  ある星は
   そらの微塵のたゞなかに
   ものを思はずひためぐり行く
 
     ※
 
406  ある星は
   われのみひとり大空を
   うたがひ行くとなみだぐみたり。
 
     ※
 
407  なまこ雲
   ひとむらの星
   西ぞらの微光より来る馬のあし音。
 
     ※
 
408  ねたみあひ
   こがたなざいく
   青き顔
   盛岡のそらのアルコホル雲
 
     ※
 
409  オリオンは
   西に移りてさかだちし
   ほのぼののぼるまだきのいのり。
 
     ※
 
410  三日月は
   黒きまぶたをあらはして
   しらしらあけの
   そらにかゝれり。
 
     ※
 
411  かゞやける朝のうつろに
   突つたちて
   馳する木のあり
   緑青の丘
 
     ※
 
412  何かしらず
   不満をいだく丘丘は
   緑青の気をうかべたるかな。
 
     ※
 
413  ある山は
   なみだのなかにあるごとく
   木々をあかつきのうつろに浸せり。
 
     ※
 
414  ギラギラの
   朝日いづれば
   わがこゝろ
   かなしきまでに踊り立つかな。
 
     ※
 
415  「なんだ。」
   「さけの伝票。」
   「だれだ。名は。」
   「高橋茂ぎづ。」
   「よし。びゃこ、待で。」
 
     ※
 
416  ちゞれ雲
   銀のすすきの穂はふるひ
   呆けしごとき
   雲かげの丘
 
     ※
 
417  黄葉落ちて
   象牙細工の白樺は
   まひるの月をいたゞけるかな。
 
     ※
 
418  霜ばしら
   砕けて落つるいわ崖は
   陰気至極の Liparitic tuff
 
     ※
 
419  凍りたる
   凝灰岩の岩崖に
   その岩崖に
   そつと近より。
 
     ※
420  凍りたる凝灰岩の岩崖を
   踊りめぐれる
   影法師なり。
 
     ※
 
421  シベリアの汽車に乗りたるこゝちにて
   晴れたる朝の教室に
   疾む。
 
     ※
 
422  そらにのみ
   こころよ行けといのるとき
   そらはかなしき蛋白光の
 
     ※
 
424  流れ入る雪のあかりに
   溶くるなり
   夜汽車をこめし苹果の蒸気
 
     ※
 
425  つゝましき
   白めりやすの手袋と
   夜汽車をこむる苹果の蒸気と。

     ※
 
426  あかつきの
   真つぱればれのそらのみどり
   竹は手首を
   宙にうかべたり。

     ※
 
429  東京の
   光の渣にわかれんと
   ふりかへりみて
   またいらだてり。