目次へ  縦書き

歌稿B 大正五年七月

 
     ※
 
332  そら青く
   観音は織る
   ひかりのあや
   ひとには
   ちさき
   まひるのそねみ。
 
332a  けむり立ち
    汽車は着くらし
    体操の教師
    剣抜き
    ねむ花咲けり
 
332b  鉄砲をかつぎて
    渠ら繞り行く
    停車場みちの
    赤ねむの花
 
     ※
 
333  夏きたりて
   人みな去りし寄宿舎を
   めぐる青木に
   あめそゝぎつゝ。
 
     ※ 湯船沢
 
334  七月の森のしづまを
   月いろの
   わくらばみちにみだれふりしく。
 
     ※
 
335  うちくらみ
   梢すかせばそらのいろ
   たゞならずして
   ふれるわくらば。
 
     ※ 石ヶ森
 
336  いまははや誰か惑はん
   これはこれ安山岩の岩頸にして。
 
     ※ 沼森
 
337  この丘の
   いかりはわれも知りたれど
   さらぬさまにて 草穂つみ行く。
 
     ※ 同
 
338  山山は
   つどひて青き原をなす
   さてその上の丘のさびしさ。
 
     ※ 新網張
 
339  まどろみに
   ふっと入りくる丘のいろ
   海のごとくにさびしきもあり。
 
     ※
 
340  しろがねの夜あけの雲は
   なみよりも
   なほたよりなき野を被ひけり。
 
     ※ 大沢オサ坂峠
 
341  大沢坂の峠も
   くろく
   たそがれのそらのなまこの雲にうかびぬ。
 
341a  大沢坂の
    峠は木々も
    からく見えて
    鈍き火雲の
    縞に泛べり
 
     ※ 同 まひる。
 
342  ふとそらの
   しろきひたひにひらめきて
   青筋すぎぬ
   大沢坂峠。
 
     ※ 茨島野
 
343  山の藍
   そらのひゞわれ
   草の穂と
   数へきたらば泣かざらめやは。
 
     ※ 東京
 
344  うたまろの
   乗合ぶねの前に来て
   なみだながれぬ
   富士くらければ。
 
     ※ 神田
 
346  この坂は霧のなかより
   おほいなる
   舌のごとくにあらはれにけり。
 
     ※ 植物園
 
347  八月も
   終はれるゆゑに
   小石川
   青き木の実の降れるさびしさ。
 
     ※ 上野
 
349  東京よ
   これは九月の青りんご
   かなしと見つゝ
   汽車にのぼれり。
 
     ※ 小鹿野
 
350  さわやかに
   半月かゝる 薄明の
   秩父の峡のかへりみちかな。
 
     ※ 荒川
 
351  鳳仙花
   実をはぢきつゝ行きたれど
   峡のながれの碧くかなしも。
 
     ※ 三みね。
 
353  星あまりむらがれるゆゑ
   みつみねの
   そらはあやしくおもはゆるかも。
 
     ※ 同
 
352  ほしの夜を
   いなびかりする三みねの
   山にひとりしなくか こほろぎ。
 
     ※ 岩手公園
 
354  うちならび
   うかぶ紫苑にあをあをと
   ふりそゝぎたるアーク燈液
 
     ※ 農場
 
355  風ふけば
   まるめろの枝ゆれひかり
   トマトさびしく
   みちにおちたり。
 
     ※
 
356  そらしろく
   温き堆肥はこほろぎの
   なけるはたけにはこばれにけり。
 
356a  こほろぎの
    なけるはたけに
    いくたびぞ
    黒き堆肥を
    はこびくる馬
 
356b  霜ぐもり
    黒き堆肥は
    こほろぎの
    啼く刈跡に
    はこばれにけり
 
     ※ 仙台
 
357  わたぐもの
   幾重たゝめるはてにして
   ほつとはれたるひときれのそら。
 
     ※
 
358  たゞしばし
   群とはなれて阿武隈の
   岸にきたればこほろぎなけり。
 
     ※
 
359  水銀の
   あぶくま河にこのひたひ
   ぬらさんとしてひとりきたりぬ。
 
     ※
 
360  雲たてる
   蔵王ざおうの上につくねんと
   白き日輪かゝる朝かな。
 
     ※
 
361  銀の雲
   焼杭のさく
   ひとはこれ
   こゝろみだれし
   旅のひとなり。
 
     ※
 
362  信夫山水とりに行く機関車の
   湯気のなかにて
   黒くゆらげり。
 
     ※
 
364  かくてまた
   冬となるべきよるのそら
   漂ふ霧に ふれる月光。
 
     ※
 
365  夜の底に
   霧たゞなびき
   燐光の
   夢のかなたにのぼりし火星