目次へ  縦書き

歌稿B 大正五年三月より

 
     ※
 
256  日はめぐり
   幡はかゞやき
   紫宸殿たちばなの木ぞたわにみのれる。
 
     ※
 
257  山しなの
   たけのこやぶのそらわらひ
   うすれ日にしてさびしかりけり。
 
     ※
 
258  たそがれの奈良の宿屋のののきちかく
   せまりきたれる銀鼠ぞら。
 
     ※
 
259  にげ帰る
   鹿のまなこの燐光と
   なかばは黒き五日の月と。
 
     ※
 
260  かれ草の
   丘あかるかにつらなるを
   あわたゞしくも行くまひるかな。
 
     ※
 
261  そらはれて
   くらげはうかび
   わが船の
   渥美をさしてうれひ行くかな。
 
     ※
 
262  明滅の
   海のきらめき しろき夢
   知多のみさきを船はめぐりて。
 
     ※
 
263  青うみの
   ひかりはとはに明滅し
   ふねはまひるの
   知多をはなるる。
 
     ※
 
264  日沈みて
   かなしみ しばし 凪ぎたるを
   あかあか燃ゆる
   富士すその野火。
 
     ※
 
265  あゝつひに
   ふたゝびわれにおとづれし
   かの水いろの
   そらのはためき。
 
     ※
 
267  さそり座よ
   むかしはさこそいのりしが
   ふたゝびここにきらめかんとは。
 
     ※
 
268  輝石たち
   こゝろせはしく別れをば
   言ひかはすらん函根のうすひ。
 
     ※
 
269  わかれたる
   鉱物たちのなげくらめ
   はこねの山の
   うすれ日にして
 
     ※
 
270  ひはいろの
   重きやまやまうちならび
   はこねのひるの
   うれひをめぐる。
 
     ※
 
271  うすびかる
   春のうれひを
   ひわいろの笹山ならぶ函根やまかな。
 
     ※
 
272  風わたり
   しらむうれひのみづうみを
   めぐりて重きひわいろのやま。
 
     ※
 
273  うるはしく
   猫睛石はひかれども
   ひとのうれひはせんすべもなし。
 
     ※
 
274  そらしろく
   この東京のひとむれに
   まじりてひとり
   京橋に行く。
 
     ※
 
275  浅草の
   木馬に乗りて
   哂ひつゝ
   夜汽車を待てどこゝろまぎれず。
 
     ※
 
276  つぶらなる白き夕日は
   喪神のかゞみのごとくかかるなりけり。
 
276a  小すももの
    カンデラブルの壇の上に
    白き夕陽はうごくともなし
 
     ※
 
277  しめりある
   黒き堆肥は四月より
   ふるふ樹液とかはるべきかな。
 
     ※
 
278  山山はかすみて繞る
   今日はわれ
   畑を犂くとて
   馬に牽かれぬ
 
     ※
 
279  洗ひたる
   実習服のこころよさ
   草に臥ぬれば
   日はきららかに。
 
     ※
 
280  さわやかに
   朝のいのりの鐘鳴れと
   ねがひて過ぎぬ
   君が教会
 
280a  ブジェー師よ
    かのにせものの赤富士を
    工藤宗二がもたらししとか
 
280b  プジェー師よ
    いざさわやかに鐘うちて
    春のあしたを
    寂めまさずや
 
280c  プジェー師は
    古き版画を好むとか
    家にかへりて
    たづね贈らん
 
280d  プジェー師や
    さては浸礼教会の
    タッピンク氏に
    絵など送らん
 
     ※
 
281  北上は
   雲のなかよりながれ来て
   この熔岩の台地をめぐる
 
     ※
 
282  今日よりぞ
   分析はじまる
   瓦斯の火の
   しづかに青くこゝろまぎれぬ。
 
     ※
 
283  双子座の
   あはきひかりは
   またわれに
   告げて顫ひぬ 水いろのうれひ。
 
     ※
 
284  われはこの
   夜のうつろも恐れざり
   みどりのほのほ超えも行くべく。
 
     ※
 
285  伊豆の国 三島の駅に
   いのりたる
   星にむかひて
   またなげくかな。
 
     ※
 
286  黄昏の
   中学校のまへにして
   ふっと床屋に
   入りてけるかな。
 
     ※
 
287  わが腮を
   撫づる床屋のたちまちに
   くるひいでよとねがふたそがれ。
 
     ※
 
288  くるほしく
   ひばりむらがり
   ひるすぎて
   ますます下る紺の旗雲。
 
     ※
 
289  うすぐもる
   温石石の神経を
   盗むわれらにせまるたそがれ。
 
289a  石絨のしろきを砕く
    この丘の
    曇りのそらの
    岩のぬくらみ
 
     ※
 
290  夕ぐれの温石石の神経は
   うすらよごれし 石絨にして。
 
     ※
 
291  今日もまた
   岩にのぼりていのるなり
   川はるばるとうねり流るを
 
     ※
 
292  笹燃ゆる音は鳴り来る
   かなしみをやめよと
   野火の音は鳴りくる。
 
     ※
 
293  雪山の反射のなかに
   嫩草を
   しごききたりて馬に喰ましむ。
 
293a  このたびも
    また暴れなば赤馬よ
    われはふたたび ceballo と呼ばじ
 
     ※
 
294  一にぎり
   草をはましめ
   つくづくと
   馬の機嫌をとりてけるかな。
 
294a  一にぎり
    雪の反射の草とりて
    赤眼の馬の
    気を直さなん
 
     ※
 
295  仕方なく
   すきはとれども
   なかなかに馬従はずて雪ぞひかれる。
 
     ※
 
296  風きたり
   高鳴るものはやまならし
   またはこやなぎ
   さとりのねがひ。
 
     ※
 
297  弦月の
   露台にきたり
   かなしみを
   すべて去らんとねがひたりしも。
 
     ※
 
298  ことさらに
   鉛をとかしふくみたる
   月光のなかに
   またいのるなり。
 
     ※
 
299  星群の微光に立ちて
   甲斐なさを
   なげくはわれとタンクのやぐら。
 
     ※
 
300  黒雲を
   ちぎりて土にたゝきつけ
   このかなしみの
   かもめ 落せよ。
 
     ※
 
301  温室の
   雨にくもれるガラスより
   紫紺の花蔟
   こころあたらし。
 
     ※
 
302  赤き雲
   いのりのなかにわき立ちて
   みねをはるかにのぼり行きしか。
 
     ※
 
303  われもまた
   白樺となりねぢれたるうでをささげて
   ひたいのらなん。
 
     ※
 
304  でこぼこの熔岩流にこしかけて
   かなしきことを
   うちいのるかな。
 
     ※
 
305  ひとひらの
   雪をとり来て母うしの
   にほひやさしき
   ビスケット噛む。
 
     ※
 
306  岩手やま
   やけ石原に鐘なりて
   片脚あげて立てるものあり。
 
     ※
 
307  しかみづらの
   山の横つちよに
   やるせなく
   白き日輪うかびかゝれり。
 
     ※
 
308  雲ひくき
   裾野のはてを
   山焼けの赤きそら截る強き鳥あり。
 
     ※
 
309  わがために
   待合室に灯をつけて
   駅夫は問ひぬいづち行くやと。
 
     ※
 
310  とりて来し
   白ききのこを見てあれば
   なみだながれぬ
   寄宿のゆふべ。
 
     ※
 
311  たゞさへも
   くらむみそらに
   きんけむし
   ひたしさゝげぬ
   木精の瓶
 
     ※
 
312  かくこうの
   まねしてひとり行きたれば
   ひとは恐れてみちを避けたり。
 
     ※
 
314  雲かげの行手の丘に
   風ふきて
   さわぐ木立のいとゞあはたゞし。
 
     ※
 
315  かたくりは
   青き実となる
   うすらやみの
   脳のなかなる五月の峡に。
 
     ※
 
316  曲馬師の
   よごれて延びしももひきの
   荒縞ばかりかなしきはなし
 
     ※
 
317  この暮は
   土星のひかりつねならず
   みだれごころをあはれむらしも。
 
     ※
 
318  ひるすぎの
   といきする室の十二人
   イレキを含む
        はく金の雲
 
     ※
 
319  いまはいざ
   僧堂に入らん
   あかつきの般若心経
   夜の普門品 
 
     ※
 
320  山脈の
   まひるのすだま
   ほのじろきおびえを送る六月の汽車
 
     ※
 
321  おきな草
   丘のなだらの夕陽に
   あさましきまでむらがりにけり。
 
     ※
 
322  白樺の
   かゞやく幹を剥ぎしかば
   みどりの傷はうるほひ出でぬ。
 
     ※
 
323  風は樹を
   ゆすりて云ひぬ
   「波羅羯諦」
   あかきはみだれしけしのひとむら。
 
     ※
 
324  青ガラス
   のぞけばさても
   六月の
   実験室のさびしかりけり。
 
     ※
 
325  あをあをと
   なやめる室にたゞひとり
   加里のほのほの白み燃えたる。
 
325a  コバルトのなやみよどめる
    その底に
    加里の火
    ひとつ
    白み燃えたる
 
     ※
 
326  はややめよ
   かゝるかなしみ
   朝露は
   きらめきいでぬ
   朝露の火は。
 
     ※
 
327  青山の裾めぐり来て見かへれば
   はるかにしろく
   波だてる草
 
     ※
 
328  風ふきて
   木々きらめけばうすあかき
   牛の乳房も
   おなじくゆれたり。
 
     ※
 
330  黝くして
   感覚にぶき
   この岩は
   夏のやすみの夕暮を吸ふ。
 
330a  いろにぶき
    岩きれなべて
    夕もやのながれをふくみ
    夏きたりけり
 
330b  岩なべて
    にぶきさまにて
    夕もやの
    ながれを含む
    屠殺場の崖
 
     ※
 
331  愚かなる
   流紋岩の丘に立ち
   けふも暮れたり
   くもはるばると。