目次へ  縦書き

歌稿B 大正三年四月

 
     ※
 
80 検温器の
  あおびかりの水銀
  はてもなくのぼり行くとき
  目をつむれり われ
 
80a  いそがしき
   春なるものを
   いづくまで
   この水銀の
   のぼり行くらん
 
80b  いそがしき
   春なるものを
   水銀の
   あゝいづちまで
   のぼり行くらん
 
     ※
 
81 地平線
  かゞやきの紺もいかにせん
  透明薔薇の身熱より来しなれば
 
81a  紺青の
   地平線だにいかにせん
   疾み熱より
   見ゆるものゆゑ
 
81b  紺いろの
   地平線さへ
   まえみくる
   熱の
   かなしからずや
 
     ※
 
82 涌水の
  すべてをめぐり
  ゆめさめて
  またつまらなく口をつぐめり。
 
     ※
 
84 朝の廊下
  ふらめきながら行けば
  目は痛し
  木々のみどりを
  空は黄金を織り。
 
     ※
 
85 きんいろの
  陽は射し入れど
  そのひかり
  かなしき眼にはあまり強かり。
 
     ※
 
86 学校の
  志望はすてぬ
  木々の青
  疾みのまなこにしみるころかな。
 
     ※
 
87 そらにひかり
  木々はみどりに
  夏ちかみ
  熱疾みしのちのこの新らしさ。
 
     ※
 
88 木々の芽は
  あまりにも青し
  薄明の
  やまひを出でし身にしみとほり。
 
     ※
 
89 われひとり
  ねむられずねむられず
  まよなかに窓にかゝるは
  赭焦げの月
 
     ※
 
90 ゆがみひがみ
  窓にかかれる赭こげの月
  われひとりねむらず
  げにものがなし。
 
     ※
 
91 われ疾みて
  かく見るならず
  弦月よ
  げに恐ろしきながけしきかな。
 
     ※
 
92 まことかの鸚鵡のごとく息かすかに
  看護婦たちはねむりけるかな。
 
     ※
 
93 星もなく
  赤き弦月たゞひとり
  窓を落ち行くはたゞごとにあらず。
 
     ※
 
94 ちばしれる
  ゆみはりの月
  わが窓に
  まよなかきたりて口をゆがむる。
 
     ※
 
95 月は夜の
  梢に落ちて見えざれど
  その悪相はなほわれにあり。
 
     ※
 
96 鳥さへも
  いまは啼かねば
  ちばしれる
  かの一つ目はそらを去りしか。
 
     ※
 
97 よろめきて
  汽車をくだれば
  たそがれの小砂利は雨に光りけるかな。
 
     ※
 
105  つつましく
   午食ごしょくの鰤をよそへるは
   たしかに蛇の青き皮なり。
 
     ※
 
110  さかなの腹のごとく
   青じろく波うつほそうでは
   赤酒を塗るがよろしかるらん。
 
     ※
 
111  十秒の碧きひかりの去りたれば
   かなしく
   われはまた窓に向く。
 
     ※
 
112  すこやかに
   うるはしきひとよ
   病みはてゝ
   わが目、黄いろに狐ならずや
 
     ※
 
113  ほふらるゝ
   馬のはなしをしてありぬ
   明き五月の病室にして
 
     ※
 
115  粘膜の
   赤きぼろきれ
   のどにぶらさがれり
   かなしきいさかひを
   父とまたする。
 
115a  粘膜の
    ぼろぎれ赤き咽喉をもて
    また病む父に
    いさかふことか
 
     ※
 
116  風木木の
   梢によどみ
   桐の木に花さく
   いまはなにをかいたまん
 
     ※
 
117  雲ははや夏型なり
   ネオ夏型なり
   熱去りしからだのかるさに桐の花咲き
 
     ※
 
119  そらしろし
   屋根にきたりて
   にごれたる柾をみつむるこの日ごろかも。
 
     ※
 
120  酒かすの
   くさるゝにほひを
   車ひく
   馬かなしげにじっと嗅ぎたり
 
     ※
 
121  蛭が取りし血のかなだらひ
   日記帳
   学校ばかま 夕ぐれの家
 
121a  血の盆に
    蛭およぎゐて
    この家に
    夕陽は黄なり  
    夕陽は黄なり  
 
     ※
 
122  屋根に来れば
   そらも疾みたり
   うろこぐも
   薄明穹の発疹チフス
 
     ※
 
123  風さむし
   屋根をくだらん
   うろこぐも
   ひろがりてそらは
   やがてよるなり。
 
     ※
 
124  むねそよぎ
   しら雲垂るゝ朝の河原
   からすのなかにて
   われはかなしみ。
 
124a  あけがたの鳥にまじり
    みそぎ居れば
    ねむの林に垂るゝしら雲
 
     ※
 
125  ふとそらに
   あらはれいでて
   なくひばり
   そらにしらくもわれはうれへず。
 
     ※
 
126  北のそら
   見えずかなしも
   小石原
   ひかりなきくも
   しづに這ひつゝ。
 
     ※
 
127  地に倒れ
   かくもなげくを
   こころなく
   ひためぐり行くか
   しろがねの月。
 
     ※
 
128  たんぽぽを
   見つめてあれば涙湧く
   あたま重きまま
   五月は去りぬ。
 
     ※
 
129  雨にぬれ
   屋根に立ちたり
   エナメルの
   雲はてしなく
   北に流るゝ。
 
129a  桑つみて
    きみをおもへば
    エナメルの
    雲はてしなく
    きみにながるゝ。
 
     ※
 
130  何とてなれ
   かの岸壁の舌の上に立たざる
   なんぢ 何とて立たざる。
 
     ※
 
131  岩つばめ
   むくろにつどひ啼くらんか
   大岸壁を
   わが落ち行かば。
 
     ※
 
132  さみだれに
   このまゝ入らん
   風ふけど半分燃えしからだのだるさ。
 
     ※
 
134  わがあたま
   ときどきわれに
   この世のそとの
   つめたき天を見することあり。
 
     ※
 
141  その鳥は
   からすにはあらず
   その黒鳥の
   羽音がつよく胸にひゞくぞ。
 
141a  からすには
    よもあさざらん
    その鳥の
    その黒鳥の
    水搏てる音
 
141b  雨の雲
    にはかに明し
    その鳥の
    その黒鳥の
    水うてる音
 
     ※
 
142  ふみ行かば
   かなしみいかにふかからん
   銀のなまこの
   天津雲原
 
     ※
 
143  うす紅く
   隈どられたるむらくもを
   みつめて
   屋根にたそがれとなる。
 
     ※
 
144  濁り田に
   白き日輪うつるなり
   狂乱をばさりげなく抑へ。
 
     ※
 
145  友だちの
   入学試験ちかからん
   われはやみたれば
   小き百合掘る。
 
     ※
 
146  またひとり
   はやしに来て鳩のなきまねし
   かなしきちさき
   百合の根を掘る。
 
     ※
 
147  あたま重き
   ひるはつゝましく
   鍋いろの
   魚の目球をきりひらきたり。
 
     ※
 
148  すずきの目玉
   つくづくと空にすかし見れど
   重きあたまは癒えんともせず。
 
     ※
 
149  ちいさき蛇の
   執念の赤めを
   綴りたる
   すかんぽの花に風が吹くなり。
 
     ※
 
150  職業なきを
   まことかなしく墓山の
   麦の騒ぎを
   じっと聞きゐたれ。
 
     ※
 
151  たゞ遠き
   夜の火にはこべ
   かくわれは
   よるひるそらの底にねがへり。
 
     ※
 
152  金星の
   瞑するときしわれなんだす
   まことは北のそらはれぬゆゑ。
 
     ※
 
153  対岸に
   人石をつむ
   人石を
   積めどさびしき
   水銀の川
 
     ※
 
154  すべり行く
   水銀の川
   そらしろく
   つゆ来んけはひ鳥にもしるし。
 
     ※
 
155  そらはいま
   蟇の皮にて張られたり
   その黄のひかり
   その毒のひかり。
 
     ※
 
156  東には紫磨金色の薬師仏
   そらのやまひにあらはれ給ふ。
 
     ※
 
157  いかに雲の原のかなしさ
   あれ草も微風もなべて猩紅の熱。
 
     ※
 
158  火のごとき
   むら雲飛びて薄明は
   われもわが手もたよりなきかな。
 
     ※
 
159  なつかしき
   地球はいづこ
   いまははや
   ふせど仰げどありもわからず。
 
     ※
 
160  そらに居て
   みどりのほのほかなしむと
   地球のひとのしるやしらずや。
 
     ※
 
161  わが住める
   ほのほ青ばみ
   いそがしく
   ひらめき燃えて
   冬きたるらし
 
     ※
 
171  げに馬鹿の
   うぐひすならずや
   蠍座に
   いのりさへするいまごろなくは。
 
     ※
 
162  なにのために
   ものをくふらん
   そらは熱病
   馬はほふられわれは脳病
 
     ※
 
163  六月の
   十五日より曇りしと
   日記につけんそれも懼れあり。
 
     ※
 
164  わなゝきの
   あたまのなかに
   白きそら
   うごかずうごかず
   さみだれに入る。
 
     ※
 
165  ぼんやりと脳もからだも
   うす白く
   消え行くことの近くあるらし。
 
     ※
 
166  目は紅く
   関析多き動物が
   藻のごとく群れて脳をはねあるく。
 
     ※
 
167  ものはみな
   さかだちをせよ
   そらはかく
   曇りてわれの脳はいためる。
 
     ※
 
168  この世界
   空気の代りに水よみて
   人もゆらゆら泡をはくべく。
 
     ※
 
169  南天の
   蠍よもしなれ 魔ものならば
   のちに血はとれまづ力欲し。
 
     ※
 
172  雲ひくし
   いとこしやくなる町の屋根屋根
   栗の花
   すこしあかるきさみだれのころ。
 
     ※
 
173  あめも来ず
   たゞどんよりといちめんの雲
   しらくもの
   山なみなみによどみかゝれる。
 
     ※
 
174  思はずも
   たどりて来しか この線路
   高地に立てど
   目はなぐさまず。
 
174a  きみをおもひ
    そらくらき目を
    あひつぎて
    道化祭の山車は行きたり
 
174b  雲くらき線路づたひにたどり来し
    この赤つちのちいさき高地
 
     ※
 
175  君がかた
   見んとて立ちぬこの高地
   雲のたちまひ 雨とならしを。
 
175a  青じろき
    苔などしける
    ひとひらの
    高地に立てば
    雲いとくらし
 
     ※
 
176  城址の
   あれ草に来てこゝろむなし
   のこぎりの音風にまじり来。
 
     ※
 
177  われもまた日雇となりて
   桑つまん
   稼がばあたま 癒えんとも知れず。
 
     ※
 
178  風ふけば
   岡の草の穂なみだちて
   遠き汽車の音も
   なみだぐましき。
 
     ※
 
179  山上の木にかこまれし神楽殿
   鳥どよみなけば
   われかなしむも。

179a  志和の城の麦熟すらし
    その黄いろ
    きみ居るそらの
    こなたに明し

179b  神楽殿
    のぼれば鳥のなきどよみ
    いよよに君を
    恋ひわたるかも
 
     ※
 
180  はだしにて
   よるの線路をはせきたり
   汽車に行き逢へり
   その窓は明るく。
 
     ※
 
181  しろあとの
   四っ角山につめ草の
   はなは枯れたり
   しろがねの月
 
     ※
 
182  碧びかり
   いちめんこめし西ぞらに
   ぼうとあかるき城あとの草
 
     ※
 
183  行けど行けど
   円き菊石
   をちぞらの 雲もひからず
   水なき河原
 
     ※
 
184  さびしきは
   壁紙の白
   壁紙の しろびかりもてながれたる川
 
184a  山峡〔かひ〕は夕日に古び
    はるばると
    白の雲母をながし来る川
 
     ※
 
185  わが眼路の
   遠き日ごとに山鳩は
   さびしきうたを送りこすかも。
 
     ※
 
186  しやが咲きて
   きりさめ降りて
   旅人は
   かうもりがさの柄をかなしめり。
 
     ※
 
188  しんとして
   街にみちたる
   陽のしめりに
   白菜のたばは 後光しにけり。
 
     ※
 
189  鉄橋の汽車に夕陽が落ちしとて
   ここまでペンキ匂ひくるかな。
 
     ※
 
190  乾きたる
   石をみつめてありしかな
   薄陽は河原いちめんに降り。
 
     ※
 
191  いかにかく
   みみづの死ぬに日なりけん
   木かげに栗の花しづ降るを。
 
     ※
 
192  いなびかり
   そらに漲り
   むらさきの
   ひかりのうちに家は立ちたり。
 
     ※
 
193  いなびかり
   またむらさきにひらめけば
   わが白百合は
   思ひきり咲けり。

193a 夜の雨に
   なかばいたみて
   わが百合の
   しづくひかれば
   蚊も来てふるへり
 
     ※
 
194  空を這ふ
   赤きいなづま。
   わが百合の
   花はうごかずましろく怒れり。
 
     ※
 
195  いなづまに
   しば照らされて
   ありけるに
   ふと寄宿舎が恋しくなれり。
 
     ※
 
196  夜のひまに
   花粉が溶けて
   わが百合は
   黄いろに染みてそのしづく光れり。
 
     ※
 
197  花さける
   ねむの林のたそがれを
   からすのはねを嗅ぎつゝあるけり。
 
197a  いづこよりか
    鳥の尾ばね
    落ちきたりぬ
    ねむの林の
    たそがれを行けば
 
     ※
 
198  いざよひの
   月はつめたきくだものの
   匂をはなちあらはれにけり。
 
     ※
 
199  四時に起きて
   支度ができて
   発たるに
   はやくすばるもいでてありけり。
 
     ※
 
200  あけがたの
   黄なるダリヤを盗らんとて
   そらにさびしき
   にほひを感ず。
 
200a  あけがたの
    黄なるダリヤを盗らんとて
    さびしきにほひ
    雲にふるへり
 
     ※
 
201  夜はあけぬ
   ふりさけ見れば
   山山の
   白くもに立つでんしんばしら
 
     ※
 
202  くるほしき
   わらひをふくみ
   学校は
   朝の黄ぐもに延びたちにけり。
 
202a  清吉が
    校長になった学校は
    まだ日の出前
    黄いろな雲に
    洗はれてゐる
 
     ※
 
203  しづみたる
   月の光はのこれども
   踊のむれのもはやかなしき。
 
     ※
 
204  羽ね抜けの
   鶏あまたあめふりの
   温泉宿をさまよひてけり。
 
     ※
 
205  よるべなき
   酸素の波の岸に居て
   機械のごとく 麻をうつひと。
 
     ※
 
206  仕方なく
   ひばりもいでて青びかり
   ちらばりそめし空を飛びたれ
 
     ※
 
207  停車場の
   するどき笛にとび立ちて
   暮れの山河にちらばれる鳥。
 
     ※
 
208  すゝきの穂
   みな立ちあがり
   くるひたる
   楽器のごとく百舌は飛び去る。
 
     ※
 
209  青りんご
   すこしならべてつゝましく
   まなこをつむる露店のわかもの。
 
     ※
 
210  つくられし
   祭の花のすきますきま
   いちめんこめし銀河のいさご。
 
     ※
 
211  山山に
   雲きれかゝり
   くらがりの
   城あとに栗さんざめきたり。
 
     ※
 
212  かすかなる
   日照りあめ降り
   しろあとの
   めくらぶだうはれひかりけり。
 
     ※
 
213  なにげなき
   山のかげより虹の脚
   ふつと光りて虫鳴けるかな。
 
     ※
 
214  やま暗く
   やなぎはすべて錫紙の
   つめたき葉もてひでりあめせり。
 
     ※
 
215  秋風の
   あたまの奥にちさき骨
   くだけちるらん
   音のあるけり。
 
     ※
 
216  日は薄く
   耕地に生えし赤草の
   わなゝくなかに落ち入れる鳥。
 
     ※
 
217  鳥さしは
   をとりをそなへ
   草明き
   北上ぎしにひとりすはれり。
 
     ※
 
218  空ひくく
   銀の河岸の製板所
   汽笛をならし夜はあけにけり。
 
     ※
 
219  舎利別の
   川ほのぼのとめぐり来て
   製板所より
   まっしろの湯気
 
     ※
 
221  入合の町のうしろを巨なる
   なめくじの銀の足
   這ひしことあり。
 
     ※
 
223  あまの邪鬼じゃく
   金のめだまのやるせなく
   青きりんごを
   かなしめるらし。
 
223a  やるせなく
    青きりんごをみつめたる
    毘沙門堂の
    あまの邪鬼じゃくかも
 
223b  夏りんご
    かなしげに見る
    おいぼれの
    金のめだまの
    あまの邪鬼なり
 
     ※
 
224  そら青く
   ジョンカルビンに似たる男
   ゆつくりあるきて
   冬きたりけり。
 
     ※
 
225  顔あかき
   港先生
   このごろは
   エーテルのまこと冴えて来しかな。
 
     ※
 
226  オイノのごとく
   朝早く行くなりけり
   そらはかゞやく黄ばらの晒ひ。
 
     ※
 
227  からくひは
   みちにしたがひ ならびたり
   とりいれすぎの
   葬式なれば。
 
     ※
 
228  たらの木の
   すこし群れたる勾配と
   ひつぎと
   そらの足の碧きと。
 
     ※
 
229  ちゞれたる
   陰いろの雲
   かくて冬
   先生も死にてからすとびたり。
 
     ※