目次へ  縦書き

歌稿A 大正八年八月以降


711
くらやみの土蔵のなかにきこえざる悪しきわめきをなせるものあり
 
712
中留の物干台のはりがねは暮れぞらに溶けて細り行くらし
 
713
雲母摺りのひかりまばゆき大空にあをあを燃ゆるかなしきほのほ
 
714
雲きれうかびてかけぬ雨すぎてさやかに鎖□の寒天〔以下判読不能〕
 
715
暮れ方のまぼろし坂をかゞやかに油瓶来る黄の油瓶
 
 
   石丸博士を悼む
 
716
さりげなくいたみをおさへ立ちませるそのみすがたのおもほゆるかも
 
 
   北上川第一夜
 
717
銀の夜をそらぞらしくもながれたる北上川のみをつくしたち
 
718
ほしめぐる南のそらにうかびたつわがすなほなる電信ばしら
 
719
銀の夜を虚空のごとくながれたる北上川の遠きいざり火
  
720
銀の空に北上川にあたふたとあらはれ燃ゆるあやしき火あり
 
721
北上川そらぞらしくもながれ行くをみをつくしらは夢の兵隊
 
722
いそがしく橋にきたればほしあかりほのじろ川をうれひひたしぬ
 
 
   夜をこめて行くの歌
 
723
みかづきは幻師のごとくよそほひてきらびやかなる虚空をわたる
 
724
みがゝれし空はわびしく濁るかな三日月幻師あけがたとなり
 
725
みかづきのひかりつめたくわづらひてきらびやかなる夜ははてんとす
 
726
すみやかに鶏頭山の赤ぞらを雲よぎり行きて夜はあけにけり
 
727
三日月よ幻師のころもぬぎすてゝさやかにかゝるあかつきのそら
 
 
   北上川第二夜
 
726
ほしかげもいとあはければみをつくし今宵はならぶまぼろしの底
 
 
   北上川第三夜
 
729
ものはみなよるの微光と水うたひあやしきものをわれ感じ立つ
 
730
ほしもなく漁火もなく北上川のこよひは水の音のみすなり
 
731
われを呑めぬれし酒桶われをのめようすくらがりのからの酒桶
 
732
はるかなるくらき銀雲よ銀の雲よとびきてわれをとれ銀の雲よ
 
 
   北上川第四夜
 
733
黒き指はびこり動く北上の夜の大ぞらをわたる風はも
 
734
黒雲の北上川の橋の上■刧初の風ぞわがころもふく
 
735
黒雲のきたかみ川の風のなかに網うつ音のきこえきたりぬ

736
巨なる秋のあぎと〔以下判読不能〕
 
737
そらのはてわづかに明くたそがれの秋〔以下判読不能〕
 
742
北面のみうす雪置きて七つ森はるかに送るわかれのことば
 
743
ひやゝかに雲うちむすび七つ森はや飯岡の山かげとなる
 
744
かゞやかに雪は晴間を■■ど青み■■のこの氷割りたり
 
745
朽ちのこりし玉菜の茎をそら高くほうりあげつゝ春は来にけり
 
746
うす雲のいつ湧きにけん見あぐればたゞすばるのみうすびかりして
 
747
北風はすこしの雪をもたらしてあまぐもを追ひうす陽そゝげり
 
748
打ちこむる〔数字判読不能〕地も丘もうちくらみ雨雲の〔数字判読不能〕居り
 
749
桐の木のねがひはいともすなほなれば恐らくは青ぞらにきかれなん
 
750
そら青ければはだかとなりいのりつちをほりすなつちをほりいのりつちをほる
 
751
青ぞらは水の■のちさき〔以下判読不能〕
 
754
鬼ぐるみ黄金のあかごらいまだ来ずさゆらぐ梢あさひを喰めり
 
755
鬼ぐるみ黄金のあかごを吐かんとて波立つ枝を朝日にのばす
 
 
 
 
756
あはれ見よ青ぞら深く刻まれし大曼陀羅のしろきかゞやき
 
757
須弥山の瑠璃のみそらに刻まれし大曼陀羅を仰ぐこの国
 
758
はらからよいざもろともにかゞやきの大曼陀羅を須弥に刻まん
 
 
 
   ゴオホサイプレスの歌  
759
サイプレスいかりはもえてあまぐものうづまをさへやかんとすなり。
 
760
雲の渦のわめきの中に湧きいでゝいらだちもゆるサイプレスかも
 
761
灯のしたにうからつどふをなはひとりたそがれに居てものおもひけん
 
762
薄明穹まったく落ちて燐光の雁もはるかの西にうつりぬ