目次へ  縦書き

歌稿A 大正七年五月以降

 
   夕暮の青木
 
646
暮れやらぬ黄水晶シトリンのそらに青みわびて木は立てりあめ、まつすぐにふり
 
647
白光の暮れぞらに立ちてその青木ひたすら雨に洗はれて居り
 
648
雲の原のこなたに青木立ちたれば暮の羽虫ら雨やどりせり
 
649
雨やめど却つて窓は重りして青木も陰の見え初めにけり
 
650
あめ故に停りありけん青すずめ青木をはなれ夕空を截る
 
651
今ははやたそがれぞらとなりにけり青木のかなたにからす飛びつゝ
 
 
   公園の薄明
 
652
青黝み流るゝ雲の淵に立ちてぶなの木薄明の六月に入る
 
653
暮れざるに険しき雲の下に立ち白みいらだつアーク燈かな
 
654
黒みねを険しき雲の往くときはこゝろはやくもみねを越えつゝ
 
655
暮れそむるアーク燈の雲たるゝ黒山に向ひ置かれしベンチ
 
656
黒みねを我がとびゆけば銀雲のひかりけはしく流れ寄るかな
 
657
天窓をのぞく四角の碧ぞらは暮ちかづきてうす雲を吐く
 
658
ひそやかにちかづく暮にともなひてうす雲をはくひときれの窓
 
659
こゝはこれみちのくなれば七月の終りといふにそらふかむなり
 
660
みそらには秋の粉いちめんちりわたり一斉にさく白百合の列
 
661
いづこにも不平はみちぬそがなかに何をもとむるわがこゝろぞも
 
662
そらはまたするどき玻璃の粉を噴きてこの天窓のレースに降らす
 
663
われらいまくるひて死せしともだちにわかれて白き砂をふみ行く
 
664
ひがしぞらうかぶ微塵のそのひかり青み惑ひてわが店に降る
 
665
月弱くさだかならねど縮れ雲ひたすら北に飛びてあるらし
 
 
   北の又
 
666
雲積みて雫も滋くなりしかば青くらがりを立てるやまどり
 
 
   鶯沢
 
667
廃坑のうつろいをいたみ立ちわぶるわが身の露を風はほしつゝ
 
 
   葛丸
 
668
ほしぞらはしづにめぐるをわがこゝろあやしきものに囲まれて立つ
 
 
   折壁
 
669
秋の風うちくらみ吹く草山を白きひかりのすぐる朝かな
 
670
鳥の毛はむしられ飛びて青ぞらを羽虫のごとく流れ行くかな
 
671
あゝ大地かくよこしまの群を載せかなしみいかにはげしらるらん
 
672
息吸へば白きこゝちしくもりぞらよぼよぼ這へるなまこ雲あり
 
673
縮まれる肺いつぱいに息すれば空にさびしき雲うかびたち
 
674
相つぎて銀雲は窓をよぎれどもねたみは青く室に澱みぬ
 
675
けはしくもやすらかなるもともにわがねがひならずやなにをやおそれん
 
676
けはしくばけはしきなかに行じなんなにをおそれてたゆむこゝろぞ
 
677
けはしくもそらをきざめる峯々にかゞやくはなの芽よいざひらけ
 
678
しろがねの月にむかへばわがまなこ雲なきそらに雲をうたがふ
 
679
そら高くしろがねの月かゝれるをわが目かなしき雲を見るかな
 
 
   青びとのながれ
 
680
そもこれはいづくの河のけしきぞや人と死びととむれながれたり
 
681
青じろき流れのなかを水色に人々長きうでもて泳ぐ
 
682
青じろきながれのなかにひとびとは青ながき腕をひたうごかせり
 
683
うしろなるひとは青うでさしのべて前行くもののあしをつかめり
 
684
溺れ行く人のいかりは青黒き霧をつくりて泳げるを灼く
 
685
あるときは青きうでもてむしりあふ流れのなかの青き死人ら
 
686
青人のひとりははやくたゞよへる死人のせなをはみつくしたり
 
687
肩せなか喰みつくされてしにびとはよみがへりさめいかりなげきぬ
 
688
青じろく流るゝ川のその岸にうちあげられし死人のむれ
 
689
あたまのみわれをはなれてはぎしりの白きながれをよぎり行くなり
 
 
   アンデルセン氏白鳥の歌 
 
690
「聞けよ」(Hore,)また月はかたりぬやさしくもアンデルセンの月はかたりぬ
 
691
海あかくそらとけじめもあらざればみなそこに立つ藻もあらはなり
 
692
みなそこの黒き藻はみな月光にあやしき腕をさしのぶるなり
 
693
おゝ!さかなそらよりかろきかゞやきのアンデルセンの海を行くかな
 
694
ましろなる羽も融け行き白鳥はむれをはなれて海にくだりぬ
 
695
わだつみにねたみは起り青白きほのほのごとく白鳥に寄す
 
696
あかつきのこはくひかればしらしらとアンデルセンの月はしづみぬ
 
697
あかつきのこはくひかれば白鳥のこゝろにはかにうち勇むかな
 
698
白鳥のつばさは張られかゞやけるこはくのそらにひたのぼり行く

大正九年十二月

 
699
沈み行きてしづかに青き原をなす炭酸銅のよるのさびしさ
 
700
緑青のさびしき原は数しらぬ気泡をそらにはきいだすかかな
701
なげ入れし曹達は泡をはきながら朧に青き液を往来す
 
702
このほのほかゞやきあまりしげければかへりて水のこゝちするかな
 
703
みちのくの夜はたちまちに燃えいでゝ赤き怒りの国と変りぬ
 
704
錫病のそらをからすが二羽とびてレースの百合もさびしく暮れたり
 
706
編物の百合もさびしく暮れ行きて灰色錫のそら飛ぶからす
 
706
うちくらみにごれるそらをながむれば大和尚らのこゝろふりくる
 
707
むねとざしそらくらき日を相つぎて道化まつりの山車は行きたり
 
708
みそらよりちさくつめたき渦降りて桐の梢にわななくからす
 
709
つつましき春のくるみの枝々に黄金のあかごらゆらぎかゝれり
 
710
なまこ山海坊主山のうしろにて薄明穹のくらき水いろ