目次へ  縦書き

歌稿A 大正6年7月

 
541
よるのそらふとあらはれてかなしきはとこやのみせのだんだらの棒
 
542
夜をこめて七つ森まできたるときはやあけぞらに草穂うかべり
 
543
川べりの石垣のまひるまどろめばよべよりの鳥なほ啼きやまず
 
544
川べりのまひるをゆらぐ石垣のまどろみに入りてまた鳥なけり
 
545
どもりつゝ蒸留瓶はゆげをはくゆげの硝子には歪む青ぞら
 
546
ゆがみたる青ぞらの辺に仕事着の古川さんはたばこふかせり
 
547
柏原ほのほ絶えたるたいまつをひたすら吹けば火とはおもほえず
 
548
あけがたの琥珀のそらは凍りしを大とかげらの雲はうかびて
 
549
ましろなる火花をちらし空は燃ゆ岩手の山のいたゞきに立てば
 
550
岩手山いたゞきにしてましろなるそらに火花の湧き散れるかも
 
551
ひと去りし待合室はひらくなりたそがれひかるそらとやまなみ
 
552
散り行きし友らおもへばたそがれをそらの偏光ひたひたと責む
 
553
うかび立つ光のこちの七つ森みつめんとして額くらみけり
 
554
つるされし古着まはれば角立てるその肩越ゑて降る青びかり
 
555
釜石の夜のそらふかみもえ熾る鉄の□□りわれにも泣かまし
 
556
房たれしかんざしなどをおもふことも海行くきとはゆるされもせん
 
557
たよりなく蕩児の群にまじりつゝ七月末を宮古にきたる
 
558
この群は釜石山田いまはまた宮古と酒の旅をつゞけぬ
 
559
宮古町夜のそらふかみわが友は山をはるかに妻こふるらし
 
560
麗はしき海のびらうど褐昆布寂光ヶ浜に敷かれ光りぬ
 
561
寂光のあしたの海の岩しろくころもをぬげばわが身も浄し
 
562
雲よどむ白き岩礁砂の原はるかに敷ける褐のびらうど
 
563
寂光の浜のましろき巌にしてひとりひとでを見つめたる人
 
564
延べられし昆布の中におほいなる釜らしきもの月にひかれり
 
565
青山の肩をすべりて夕草の谷にそゝぎぬ青き日光
 
566
つかれ故青く縞立つ光ぞとあきらめ行けば萱草くわんぞう咲けり
 
567
かひの青きひかりのそが中を章魚の足喰みて行ける旅人
 
568
夕つゝもあはあはひかりそめにけりあした越ゆべき峠のほとり
 
569
きいちごは雲につめたく熟れたればちぎらんとして涙ながれぬ
 
570
あかつきの峠の霧にほそぼそと青きトマトのにほひながれぬ
 
573
そらひかり八千代の看板切り抜きの紳士は棒にさゝへられ立つ
 
574
あをじろき光の空にうかびたつ三きれの雲と切り抜き紳士
 
575
あかり窓仰げばそらは Tourquoisトコーイスの板もて張られその継目光れり
 
576
帰依法の皺たゝみ行く雲原となみだちつゞく青松原と
 
577
をちこちに削りのこりの岩頸は松黒くこめ白雲に立つ
 
578
よりそひて赤きうで木をつらねたる青草山のでんしんばしら
 
579
阿片光さびしくこむるたそがれの□にゆらぎぬ青き麻むら
 
580
空虚うつろより降り来る青き阿片光百合のにほひは波だちにつゝ
 
581
粟ばたけ立ちつくしつゝ青びかり見わたせば百合雨にぬれたり
 
582
しろがねのあいさつ交すそらとやまやまのはたけは稗しげりつゝ
 
583
岩鐘のきわだちくらき肩に居て夕の雲は銀のあいさつ
 
584
いたましく川は削りぬたそがれの白雲浴ぶる山の片面を
 
585
雲ひくき青山つゞきさびしさは百合のにほひにとんぼ返りす
 
586
石原のまひるをならぶ人と百合碧目あをめのはちはめぐりめぐりて
 
587
山川のすなに立てたるわが百合に蜂来て赤き花粉になへり
 
588
かゞやける花粉をとりて飛びしかど小蜂よいかにかなしかるらん
 
589
いっぱいに花粉をになひわが四つの百合をめぐりぬ碧目のこばち
 
590
この度は薄明穹につらなりて高倉山の黒きたかぶり
 
591
月光のすこし暗めばこゝろ急く硫黄のにほひみちにこめたり
 
592
夜だか鳴きオリオンいでゝあかつきも近くお伊勢の杜をすぎゆく
 
 
(以下江刺地質調査中)
 
 
上伊手かみいで剣舞連けんばいれん 四首
 
593
うす月にかゞやきいでし踊り子の異形のすがた見れば泣かゆも
 
594
うす月にむらがり踊る剣ばいの異形のきらめきこゝろ乱れぬ
 
595
うす月にきらめき踊るをどり子の鳥羽もてかざる異形はかなし
 
596
剣舞の赤ひたゝれはきらめきてうす月しめる地にひるがへる
 
 
種山ヶ原 七首
 
597
白雲のはせ行くときは丈たかき草穂しづかに茎たわみつゝ
 
598
Opalの草につゝまれ秋草とわれとはぬるゝ種山ヶ原
 
599
白雲は露とむすびて立ちわぶる手帳のけいも青くながれぬ
 
600
白雲にすがれて立てるあざみより種山ヶ原にかなしみは湧く
 
601
目のあたり黒雲ありと覚えしは黒玢岩メラファイアーの立てるなりけり
 
602
しらくもの種山ヶ原に燃ゆる火のけむりにゆらぐさびしき草穂
 
603
こゝはまた草穂なみだちしらくものよどみかゝれるすこしのなだら
 
 
原体剣ばい
 
604
さまよへるたそがれ鳥に似たらずや青仮面めんつけて踊る若者
 
605
若者の青仮面めんの下につくといきふかみ行く夜をいでし弦月
 
 
祖父の死
 
606
うちゆらぐ火をもて見たる夜の梢あまりにふかく青みわたれる
 
607
香たきてちゝはゝ来るを待てる間にはやうすあかりそらをこめたり
 
608
足音はやがて近づきちゝはゝもはらからも皆はせ入りにけり
 
609
夜はあけてうからつどへる町の家に入れまつるときにはかにかなし
 
 
610
秋ふけぬ天のがはらのいさごほどわがなしみもわかれ行くかな
 
611
黒つちのしめりのなかにゆらぎつゝかなしく晴るゝ山の群青
 
612
夜あけよりなきそびれたる山のはにしらくもよどみ羽虫めぐれり
 
613
きれぎれに雨をともなひ吹く風にうす月みちて虫のなくなり
 
614
つきあかり風は雨をもともなへど今宵は虫のなきやまぬなり
 
615
赭々とよどめる鉄のゲルの上にさびしさとまり風来れど去らず
 
616
かしはゞら雲垂れこめてかみなりのとゞろくうちに峯は雪つむ
 
617
岩手やまあらたに置けるしらゆきは星のあかりにうす光るかも
 
618
ぬれ帰りひたすら火燃すそのひまにはがねのそらははやあけそめぬ
 
619
けさもまた泪にうるむ木の間より東のそらの黄ばら哂へり
 
620
あけそむるそらはやさしきるりなれどわが身はけふも熱鳴りやまず
 
621
さだめなくわれに燃えたる火の音をじつと聞きつゝ停車場にあり
 
622
冴えわたり七つ森より風来ればあたまくらみて京都思ほゆ
 
623
白樺にかなしみは湧きうつり行くつめたき風のシグナルばしら
 
624
疾みたれどけさはよろこび身にあまりそらもひとらもひかりわたれり
 
625
あかつきの黄のちぎれ雲とぶひまは小学校によそ行きの窓
 
626
あかつきは小学校の窓ガラスいみじき玻璃にかへられしかな
 
627
雲垂るゝ柳のなかの古川にうかびいでたるあしたの沼気
 
628
楊よりよろこびきたるあかつきを古川に湧く march gas かな
 
629
そらいつかうす雲みちて日輪はちゞれかしはの原をまろび行けり
 
630
高原の白日輪と赤毛布シャツにつくりし鉄道工夫と
 
631
雲しろくちゞれ柏の高原によぼよぼ馬は草あつめたれ
 
632
そら青く開うんばしのせともののらむぷゆかしき冬をもたらす
 
633
きららかに雨はれて人はあらざれば鵝鳥はせ来てわが足をかぢり
 
634
旧濶の沼森のみはうちたゝむ雲のこなたにうす陽あびたれ
 
635
雨去れば黄葉きらゝかにひかり立ちひとむれの雲は逃げおくれたり
 
636
みだらなるひかりを吐きて黒雲はよせめぐりたり黒坊主山。
 
 (冬より春 白丁)
 
637
ひゞ入りて凍る黄ばらのあけぞらをいきをもつかず〔数字判読不能〕かも。
 
638
目をとぢしうすらあかりにしらしらとわきたつ雲はかなしみのくも
 
639
やうやくに峯にきたればむら雲のながれを早みめぐむくろもじ
 
640
険しくも刻むこゝろの峯々にうすびかり咲くひきざくらかも
 
641
こゞはこれ惑ふ木立のなかならずしのびを習ふ春の道場
 
642
夜はあけて馬はほのぼの汗したりうす青ぞらの電柱の下
 
643
夜をこめて硫黄つみこし馬はいま朝日にふかくものを思へり
 
644
これはこれ夜の間に誰か旅立ちばんに入れし薄荷糖なり
 
645
あまぐもは氷河のごとく地を掻けば森は無念の群青を呑み