目次へ  縦書き

歌稿A 大正六年五月

 
496
夕陽降る高洞山のやけ痕をあたまの奥にて哂ふものあり
 
 
    箱ヶ森
497
しろがねの雲流れ行くたそがれを箱ヶ森らは黒くたゞずむ
 
 
    梁川六首
498
口笛に応ふるをやめ鳥はいま葉をひるがへす木立に入りぬ
 
499
鳴きやみし鳥はいづちともとめしに木々はみだれて雲みなぎれり
 
500
なきやみし鳥をもとめて泪しぬ木々はみだれて葉裏をしらみ
 
501
口笛に こたふる鳥も去りしかばいざ行かんとてなほさびしみつ
 
502
木々みだれかゞやく上に天雲のみなぎりわたる六月の峡
 
503
もしや鳥木のしげみよりみつむらん峡の草木はみだれ輝き
 
 
    植物園二首
504
おきなぐさふさふさのびて青ぞらにうちかぶさりてひらめきいでぬ
 
505
な恐れそれんげつゝじは赤けれどゑんじゅも臨む青ぞらのふち
 
 
    中津川三首
506
中津川〔以下判読不能〕
 
507
中津川川藻に白き花さきてはてしも知らず千鳥は遡る
 
508
中津川水涸れなんに夜をこめてのぼる千鳥の声きこゆなり
 
 
    霧山嶽二首
509
さらさらとうす陽流るゝ紙の上に山のつめたきにほひあやしも
 
510
うす陽ふるノートの上にさみだれのきりやまだけのこゝろきたれり
 
 
    公園二首
512
うちたゝむたそがれ雲のすきまよりのぞきいでたる天の一きれ
 
512
雲みだれ薄明穹も落ちんとて毒ヶ森より奇しき声あり
 
 
    フラスコの歌二首
513
フラスコに湯気たちこもり露むすびやまかひの朝のおもほゆるかな
 
514
フラスコに露うちむすびあつまりてひかるを見ればこゝろはるけし
 
 
    ブンゼン燈の歌三首
515
くれちかきブンゼン燈をはなるればつめくさの花月いろにして
 
516
六月のブンゼン燈の弱ほのほはなれて見やるぶなのひらめき
 
517
手をひろげ窓にいたればつめくさのはなとまくろきガスのタンクと
 
 
    はくうんぼく
 
518
静かなる花を湛ふるかゞやきのはくうんぼくにむれしすがるら
 
519
あさひふるはくうんぼくにむらがりて黒きすがるらしべを噛みたり
 
 
    葛根田二首
 
520
葛根田谷の上なる夕ぞらにうかびいでたるあかきひとつぼし
 
521
葛根田薄明穹のいたゞきに光いでたるあかきひとつぼし
 
 
    夜の柏ばら六首
 
522
しらしらと銀河わたれるかしはゞら火をもて行けど馬も来たらず
 
523
天の川しらしらひかり夜をこめてかしは□□りし鳥もありけり
 
524
かしはばらうすらあかりはきたるなりみなみにわたる天の川より
 
525
あまの川ほのぼの白くわたる〔約5字判読不能〕人かしはゞら行く
 
526
かしはゞばら夜をこめて行けばうすあかり天の川よりきたるなりけり
 
527
かしはゞら路をうしなひしらしらとわたる銀河にむかひたちにけり
 
 
    不動平、
 
528
谷の上のはひまつばらにいこひしに四人ひとしくねむり入りたり
 
529
めさむれば友らもひとしくねむりゐたりはひ松ばらのうすひのなかに
 
 
    柳沢
 
530
すゞらんのかゞやく原を滑りゆきてわがあし指の泣きわらひかな
 
 
    まひるのかしはゞら三首
 
531
ましろなる柳の花のとぶすそののうまわれらをしたひつゞけり
 
532
ましろなるやなぎの花とぶ野のなかに傷つける手をいたはりてある
 
533
手をひろげあやしきさまし馬追へるすゞらんの原のはだかのをとこ
 
 
     北上川
 
534
あけがたの電気化学の峡を来るきたかみ川のしろきなみかな
 
 
     公園
 
535
さくらの実喰ひかけをつと落しつゝかやの枝よりはなれたる鳥
 
 
     七つ森
 
536  七つ森いまは坊主のなゝつもりひかりのそこにしんと沈めり
 
 
     ちゃんがちゃがうまのうだ四っつ
 
537
よあげにはまだ間あるのに下のはしちゃんがちゃがうまこ見さ出はたひと
 
538
ほんのはαこ夜あげかゞった雲のいろちゃんがちゃがうまこはしわだてくる
 
539
いしょけんめにちゃがちゃがうまこはせでげばよあげのためがなぐだαよなきもす
 
540
下のはしちゃがちゃがうまこ見さではたみんなのながにはおどゝもまざり