手帳その他

疾中詩篇
雨ニモマケズ手帳
兄妹像手帳
孔雀印手帳
GERIEF印手帳
御大典記念手帳
王冠印手帳
銀行日誌手帳
三原三部手帳
装景手記手帳

疾中詩篇

疾中詩篇

病床
眼にて云ふ
〔ひるすぎの三時となれば〕
〔熱たち胸もくらけれど〕
〔わが胸いまは青じろき〕
熱またあり
〔そのうす青き玻璃の器に〕
名声
〔春来るともなほわれの〕
〔今宵南の風吹けば〕
〔熱とあえぎをうつゝなみ〕
〔わが胸はいまや蝕み〕
S博士に
〔美しき夕陽の色なして〕
〔まどろみ過ぐる百年は〕
〔疾いま革まり来て〕
〔手は熱く足はなゆれど〕
〔あゝ今日ここに果てんとや〕
〔その恐ろしい黒雲が〕
〔丁丁丁丁丁〕
〔眠らう眠らうとあせりながら〕
〔風がおもてで呼んでゐる〕
〔胸はいま〕
〔こんなにも切なく〕
〔まなこをひらけば四月の風が〕
病中
〔そしてわたくしはまもなく死ぬのだらう〕
(一九二九年二月)
肺炎

雨ニモマケズ手帳

雨ニモマケズ手帳

〔大都郊外ノ煙ニマギレントネガヒ〕
〔病血熱すと雖も〕
〔他の非を忿りて数ふるときは〕
ロマンツェロ
〔この夜半おどろきさめ〕
〔聖女のさましてちかづけるもの〕
〔われに衆怨ことごとくなきとき〕
〔快楽もほしからず〕
〔疾すでに治するに近し〕
〔雨ニモマケズ〕
〔凡ソ栄誉ノアルトコロ〕
〔天来ト疾苦トハ〕
〔妄リニ天来ニ〕
疾ミテ食摂スルニ難キトキノ文
〔カノ肺炎ノ虫ノ息ヲオモヘ
〔くらかけ山の雪〕
〔わが胸のいたつき〕
〔仰臥し右のあしうらを左の膝につけて〕
〔熱悩に耐え〕
〔わが身熱し燃えたれば〕
月天子
〔ぎざ/こっちは(最)/シグナル〕
〔山上の堂のくらやみ〕
不軽菩薩
〔窮すれば通ず〕
報恩寺訂正
〔朋らいま羅漢堂にて〕
〔きみにならびて野に立てば〕
〔筆ヲトルヤマヅ道場観〕
〔窮すれば通ず〕
〔毛布の赤に頭を縛び〕
〔雲やら雨やら、〕

兄妹像手帳

兄妹像手帳

〔鱗松のこずゑ氷雲にめぐり〕
小作調停官
県技師の秋稲に対するレシタティヴ
〔丘々はいまし鋳型を出でしさまして〕
〔青くしてみのらぬ稲のこなたを〕
〔盆地をめぐる山くらく〕
〔topazのそらはうごかず〕
〔白く倒れし萱の間を〕
〔わが雲に関心し〕
〔われらぞやがて亡ぶべき〕
〔ねむのきくもれる窓をすぎ〕
〔あゝいままで撃退せるに〕
〔風野又三郎〕
〔かくばかり天椀すみて〕
医院
〔樺と楢との林のなかに〕
〔黒緑の森のひまびま〕
岩手医事への寄稿材料
〔見よ桜には〕
〔よく描きよくうたふもの〕
〔鎧窓おろしたる〕
〔それからあかしも消さな〕
〔気圏ときに海のごときことあり〕
〔 Hurruah といふ試薬を与へて見るに〕
〔徒刑の囚の孫なるや〕
〔九月なかばとなりて〕
〔高圧線は こともなく〕
〔黄に熟れ〕
〔苹果青に熟し〕
看病
〔南方に汽車いたるにつれて〕
〔妹は哭き〕
〔かくてぞわがおもて〕
〔麦は黄ばみてすでに熟れ〕
春と修羅 第二集 終結
〔わがうち秘めし〕
〔物書けば秋のベンチの朝露や〕
〔融鉄よりの陰極線の〕
〔さあれ十月イーハトーブは〕
〔…えならぬかほりときめくは〕
〔白服は〕
結婚

孔雀印手帳

孔雀印手帳

〔かの iodine の雲のかた〕
〔朝日は窓より〕
〔雲影滑れる山のこなた〕
〔朝は北海道の拓殖博覧会に送るとて〕
〔あをあをゆらぐみねの雪〕
〔夜をま青き藺むしろに〕
ロマンツェロ
〔あゝ青木〕

GREEF印手帳

GREEF印手帳

〔青ぞらにタンクそばだち〕
〔このとき山地はなほ海とも見え〕
〔黄と橙の服なせし〕
〔中風に死せし〕
〔才はやゝにあれど〕
〔よき児らかなとことへば〕

御大典記念手帳

御大典記念手帳

普香天子
〔わたくしの胸は熱く〕
〔沼には水百合の花が咲いた〕

王冠印手帳

王冠印手帳

〔隅にはセキセイインコいろの白き女〕
〔遠き海見るまなこして〕
〔かくてこそふたたびわれのよごれたる〕
〔あまりにぶくみつめたる〕
〔ロイドめがねは〕
〔痛けれども〕
〔あらたなるよきみちを得しといふことは〕
〔雪のあかりと〕
〔やゝあせ染めし赤鳥居〕
〔丘にたてがみのごとく〕
〔梢あちこち繁くして〕
〔はるばると白く細きこの丘の峡田に〕
〔そゝり立つ江釣子森の岩頸と〕
〔あしたはいづこの組合へ〕
〔卑しくも身をへりくだし〕
〔たまたまに こぞりて人人購うと云へば〕
〔光と泥にうちまみれ〕
〔農民ら病みてはかなきわれを嘲り〕

銀行日誌手帳

銀行日誌手帳

〔水路を一つすぽんととんでふりかへり〕

三原三部手帳

三原三部手帳

三原三部手帳より

三原三部手帳

装景手記手帳

装景手記手帳より