目次へ  縦書き

〔さあれ十月イーハトーブは〕

さあれ十月イーハトーブは
電塔ひとしく香気を噴く
雲ひくくしてひかると云はゞ
なほなれ雲に関心するやと
闘ひ勇める友らそしらん
  ……えならぬかほりときめくは
    いかなる雲の便りぞも……
白服は八月に一度洗って
またうすぐらくすゝけたし
二百二十日を過ぎたのに
稲は青く立ってるよ