目次へ  縦書き

〔かくてぞわがおもて〕

かくてぞわがおもて
いやしくものはみあげつらふ
テートの類に劣るといふや
しかくぞつひに定まりて
われまたこれをうべがへば
わが世をあげて癒ゆるなき
今日この日にわざわいあれ
麦は黄ばみてすでに熟れ
雲はあらたなる雨もてくればと
ひとびと祝しよろこべども
われにはなべてことならぬ