目次へ  縦書き

〔鎧窓おろしたる〕

鎧窓おろしたる
車室の夢のなかに
乱世のなかの
西郷隆盛のごときおももちしたるひとありて
眉ひそめし友の
更に悪き亀のごとき眼して
暑さと稲の青きを怒れリ
洋傘の安き金具に日は射して
貴紳のさまして
鎧窓の下を旅し
淡くサイダーの息はく
をのこぞあはれなり
そこに幾ひら雲まよひ
そこにてそらの塵沈めるを
二六時水あぐるてふ桶の
みのらぬ稲に影置ける
また立えりのえり裏返し
学生ら三四を連れ
肩いからして行けるものあり