目次へ  縦書き

〔topazのそらはうごかず〕

topazのそらはうごかず
峡はいま秋風なくて
互の目なる小き苗代
ましろなる水を湛えて
をちこちに稲はうち伏し
その穂並あるひはしろき
またブリキのいろなせる
蓮華には白き花さき
はるばると電柱は並み
はてにしてうちひらめける
温石の青き鋸
いと小き軽便の汽車
ほぐろなるけむりをはきて
ことことと峡をのぼれる
丘々のすゝきも倒れ
蘆の葉ぞひとり鋭き
このときぞろぞろと軽鉄過ぎ
卵を日にすかし見る
鉄道役員とも見ゆる人や
さては四人の運送屋
同じき鋭きカラつけて
何かはしらずほくそえみ
わらひて行けるものもあり