目次へ  縦書き

〔丘々はいまし鋳型を出でしさまして〕

丘々はいまし鋳型を出でしさまして
いくむらの湯気ぞ漂ひ
蛇籠のさませし雲のひまより
白きひかりは射そゝげり
さてはまた赤き穂なせるすゝきのむらや
Black Swanの胸衣ひとひら
雲の原のこなたを過ぎたれ
ことし緑の段階のいと多ければと
風景画家ら悦べども
みのらぬ青き稲の穂の
まくろき森と森とを埋め
蛇籠のさまの雲の下に
うちそよがぬぞうたてけん
あゝ野をはるかに高霧して
イーハトヴ河
ましろき波をながすとや