目次へ  縦書き

〔夜をま青き藺むしろに〕

夜をま青き藺むしろに
ひとびとの影さゆらげは
遠き山ばた 谷の畑
たばこのうねのおもひあり

夏のうたげに はべる身の
ちゞれた髪恥ぢ 声をはぢ
南かたぶく 天の川
ひとりたよりと すかし見る