目次へ  縦書き

〔農民ら病みてはかなきわれを嘲り〕

農民ら病みてはかなきわれを嘲り
ましろき春のそらに居て
その藁むらに鳥らゐて
雨に小胸をふくらばす
さてははるかに鳴る川と
冷えてさびしきゴム沓や
あゝあざけりと屈辱の
もなかを風の過ぎ行けば
小鳥の一羽尾をひろげ
一羽は波を描き飛ぶ