目次へ  縦書き

〔やゝあせ染めし赤鳥居〕

やゝあせ染めし赤鳥居
杉のうれ行く冬の雲
雪の反射のなかにして
斜めに切りて吊したる
白紙幾日か完しと思ふや

「かしこは一の篩なり
 入り来るものの総身を
 まづはかしこに浄むなり」

雪の堆のなかにして
りゝと軋れる井戸車