目次へ  縦書き

〔あらたなるよきみちを得しといふことは〕

あらたなるよきみちを得しといふことは
たゞあらたなる
なやみのみちを得しといふのみ

このことむしろ正しくて
あかるからんと思ひしに
はやくもこゝにあらたなる
なみやぞつもりそめにけり

あゝいつの日かか弱なる
わが身恥なく生くるを得んや

 野の雪はいまかゞやきて
 遠の山藍のいろせり

 肥料屋の用事をもって
 組合にさこそは行くと

病めるがゆゑにうらぎりしと
さこそはひとも唱へしか