目次へ  縦書き

     〔わが身熱し燃えたれば〕

わが身熱し燃えたれば
こゝろたゞ
久遠の如来をおもひ
唇や息これに契ひ
わが両掌やゝに合したれども
かなしいかな
前障いまだ去らざれば
また清浄の光明なく
人を癒やさんすべもなし