目次へ  縦書き

     〔熱悩に耐え〕

熱悩に耐え
且つ記せよ
仮令人たゞ身の快楽と安穏を求むるとも
またその身燃ゆるあり
護法の故に一身を焼かれんに
そのこと何の幸ぞと。