目次へ  縦書き

     〔われに衆怨ことごとくなきとき〕

われに衆怨ことごとくなきとき
これを怨敵悉退散といふ

衆怨ことごとくなし

たとへ三世の怨敵なりとも亦
斯の如き痛苦あらんをねがはじ