目次へ  縦書き

〔眠らう眠らうとあせりながら〕

眠らう眠らうとあせりながら
つめたい汗と熱のまゝ
時計は四時をさっしてゐる
わたくしはひとごとにやうに
きのふの四時のわたくしを羨む
あゝあのころは
わたくしは汗も痛みも忘れ
二十の軽い心躯にかへり
セピヤいろした木立を縫って
きれいな初冬の空気のなかを
石切たちの一むれと
大沢坂峠をのぼってゐた