目次へ  縦書き

〔疾いま革まり来て〕

疾いま革まり来て
わが顔に死の気配あり
 
いざさらばわが業のまゝ
いづくにもふたゝびれん
 
たゞひたにうちねがへるは
すこやけき身をこそ受けて
もろもろの恩をも報じ
もろびとの苦をも負ひ得ん
 
さてはまたなやみのなかと
数しらぬなげきのなかに
すなほなるこゝろをもちて
よろこばんその性を得ん
 
さらばいざしによとり行け
この世にてわが経ざりける
数々の快楽の列は
われよりも美しけきひとの
すこやかにうちも得ななん
そのことぞいとゞたのしき