目次へ  縦書き

〔まどろみ過ぐる百年は〕

まどろみ過ぐる百年は
醒めての時といづかたぞ
 
いまわれやみてわがいのち
いつともしらぬ今日なれば
 
美しき黄金の色なして
一つの呼気は一年を
わが上方に展くなり