目次へ  縦書き

〔わが胸はいまや蝕み〕

一九二八、十二、

わが胸はいまや蝕み
わがのんど熱く燃えたり
 
おとづれてきみはあれども
あゝきみもさかなの歯して
青々とうちもわらへる
その群のひとりなりけり