目次へ  縦書き

〔熱とあえぎをうつゝなみ〕

熱とあえぎをうつゝなみ
しにのさかひをまどろみし
このよもすがらひねもすを
さこそはまもり給ひしか
 
瓔珞もなく沓もなく
たゞ灰いろのあらぬのに
庶民がさまをなしまして
みこゝろしづに居りたまふ
 
み名を知らんにおそれあり
さは云へまことかの文に
三たびぞ記し置かれける
おんめがみとぞ思はるゝ
 
さればなやみと熱ゆゑに
みだれごころのさなかにも
み神のみ名によらずして
法の名にこそきましけれ
 
瓔珞もなく沓もなく
はてなき業の児らゆゑに
みまゆに雲のうれひして
さこそはしづに居りたまふ