目次へ  縦書き

〔今宵南の風吹けば〕

今宵南の風吹けば
みぞれとなりて窓うてる
その黒暗のかなたより
あやしき鐘の音すなり
 
雪をのせたる屋根屋根や
黒き林のかなたより
かつては聞かぬその鐘の
いとあざけくもひゞきくる
 
そはかの松の並木なる
円通寺より鳴るらんか
はた飯豊の丘かげの
東光寺よりひゞけるや
 
とむらふごとくあるときは
醒ますがごとくその鐘の
汗となやみに硬ばりし
わがうつそみをうち過ぐる