目次へ  縦書き

〔春来るともなほわれの〕

春来るともなほわれの
えこそは起たぬけはひなり
さればかしこの崖下の
高井水車の前あたり
矢ばねのさまに鳥とびて
くるみの列の足なみを
雪融の水の来るところ
乾田の盤のまなかより
青きすゞめのてっぽうと
稲の根赤く銹びにたる
湯気たつ土の一かけを
とり来てわれに示さずや