目次へ  縦書き

熱またあり

水銀は青くひかりて
今宵また熱は高めり
散乱の諸心をあつめ
そのかみの菩提をおもひ
息しづにうちやすらはん
 
たゆたへる光の澱や
野と町と官省のなか
ひとびとのおもかげや声
ありとあるしじまとうごき
なべてよりいざ立ちかへり
散乱のわが心相よ
あつまりてしづにやすらへ
あしたこそ燃ゆべきものを