目次へ  縦書き

〔たまたまに こぞりて人人購うと云へば〕

たまたまに
こぞりて人人購うと云へば
夜もねむらずたかぶれる
わがこゝろこそはかなけれ
さあれば今日は人なべて
情なきさまにうち笑みて
松うちゆする雨ぞらに
さびしくそぼちわが立てば
つかれやぶれし廃駅の、
はかなき春を金巾の、
黄格子縞の外套と
大人のさまに頬かぶれる
児をつれ行ける母もあり