目次へ  縦書き

恋敵ジロフォンを撃つ

わたくしが聴衆に会釈して
舞台を去らうとしたときに
上手の方でほとんど豫想もしなかった
ジロフォンの音が鳴り出しました
 
それはわたくしとその娘との交情を
まったくみんなに暴露させ
またわたくしをいかにも烈しくいらだたすやう
ずゐぶんしばらく鳴りました
 
もちろんわたしは
それがまさしくわたくしの敵
ゴムのからだにはでなぶりきの制服を着た
バッスうたひのこっそり忍んだ仕事なことは
よく承知して居ましたのです