目次へ  縦書き

孔雀

白孔雀 いま胸をゆすりて光らしめ
はげしく尾をばひろげたり
 
おもむろにからだめぐらし
みぢかきはねをゆすぶれり
 
しばしばはねを痙攣し
あるひは砂をみつめたり
 
いみじき跡は砂にあり
ほのぼの雲の夢を載す
 
孔雀 高貴なるにはあらず
ひとみうるみてしばたゝく
 
しばし孔雀はしづまれり
霜の織物 雲のあや
 
今や孔雀は裳を引きて
すなをついばみ歩みたる
 
めすの孔雀よとまり木に
とまれば鷹にことならず
 
なべて孔雀のラッパはやぶれ
牛酪バタのかむむりいたゞけり