目次へ  縦書き

〔そゝり立つ江釣子森の岩頸と〕

そゝり立つ江釣子森の岩頸と
枝みだれたる雪の松
枝すぐならぬ雪の松
そらのけぶりにうちみだれ
か黒き針を垂るゝとか
 
  余りに大なる屈撓性は
  無節操とぞそしられぬ
  県官をとはんとて
  今日わがひとり行けば
  電線あやふく雲に上下し
  保線工夫のひとびとの
  空しき車窓のかたすみに
  さびしくもだして腰掛くる