目次へ  縦書き

山火

風がきれぎれ、暮れる列車のどよみを載せて
樹々にさびしく復誦する
 …その青黒い混かう林のてつぺんで
  鳥が"Zwar"と叫んでゐる…
こんどは風のけじろいれを
蛙があちこちぼそぼそ咽び
舎生が潰れた喇叭を吹く
蒼く古びた黄昏である
 …こんやも山が焼けてゐる…
野面ははげしいかげらふの波
茫と緑な麦ばたや
しまひは黝いかた田のはてに
濁って青い信号燈シグナル浮標ヴイ
 …焼けてゐるのは猫山あたり…
またあたらしい南の風が
はやしのへりで砕ければ
馬をなだめる遥かな最低音バス
つめたく顫ふ野薔薇の芬香かをり
 …山火がにわかに二つになる…
信号燈シグナルは赤くかはつてすきとほり
いちれつ浮ぶ防雪林を
淡い客車の光廓が
音なく北へかけぬける
 …火は南でも燃えてゐる
  ドルメンのある緩いみかげの高原が
  あつちもこつちも燃えてるらしい
   古代神楽を伝へたり
   古風に公事くじをしたりする
   大つぐなひ八木巻やぎまき
   小さな森林消防隊…
蛙は遠くでかすかにさやぎ
もいちどねぐらにはばたく鳥と
星のまはりの青いかさ
 …山火はけぶり、山火はけぶり…
せふくらい稲光りから
わづかに風が洗はれる。


掲載誌「日本詩壇」第一巻第七号(1933年12月1日)
関連作品:「春と修羅 第二集」の「八六 山火」