目次へ  縦書き

葱嶺パミール先生の散歩

気圧が高くなつたので
昨日固態の水銀ほど
乱れた雲をはじいてゐた
地平の青い膨らみが
徐々に平位を復するらしい
しかも国土の質たるや
それが瑠璃から成るにもせよ
弾性なきをたつとばず
地面行歩に従つて
小さい歪みをつくること
あたかもよろしき凝膠ゲルなるごとき
これ上代の天竺と
やがては西域諸国に於ける
永い夢でもあつたのである
向ふ紫紺の古い火山のこつち側
何か播かれた四角な畑に
鉋屑カナガラ製の幢幡とでもいふべきものが
十二正しく立てられてゐて
古金の色の夕に映え
いろいろの風にさまざまになびくのは
たしかに鳥を追ふための装置であつて
別に異論もないのであるが
それがことさらあの高山を祀るがやうに
長短順をととのへて
二列正しく置かれたことは
ある種拝天の餘習であるか
山岳教の遺風であるか
ともかく誰しもこの情景が
単なる実用が産出した
偶然とのみ看過し得まい
古金の色の夕陽と云へば
きみのまなこは非難する
どうして卑しい黄金キンをばとつて
この尊厳の夕陽に比すると
さあれわたしの名指したものは
同じい純粋の黄金とは云へ
こん日世上交易の
暗い黄いろなものでなく
遠く時軸を溯り
幾多所感の海を経て
龍樹菩薩の大論に
わづかに暗示されたるたぐひ
すなはちその徳はなはだ高く
そのさうはるかに旺んであつて
むしろ流金クイツクゴールドともなすべき
わくわくたるそれを曰ふのである
 
さう、亀茲国きじこくの夕陽のなかを
やつぱりたぶんかういふ風に
鳥がすうすう流れたことは
出土のそこの壁画に依つて
ただちに指摘できるけれども
沼地の青いけむりのなかを
はぐろとんぼが飛んだかどうか
そは杳として知るを得ぬ


掲載誌「詩人時代」第三巻第七号(1933年7月1日)
関連作品:「春と修羅 第二集」の「一五四 アジア学者の散策」