目次へ  縦書き

移化する雲

  ……はつれて軋る手袋と
    凍つてひた月の鉛……
県道みちのよごれた凍雪しみゆき
西につゞいて氷河に見え
畳んでくらい丘丘を
春のキメラがしづかに翔ける
  ……眼に象つて
   かなしいその眼に象つて……
北で一つの松山が
重く澱んだ夜なかの雲に
肩から上をどんより消され
黒い地平の遠くでは
何か玻璃器を軋らすやうに
鳥があちこち啼いてゐる
  ……眼に象つて
   泪をたたえた眼にかたどつて……
丘いちめんに風がごうごう吹いてゐる。
ところがここは黄いろな芝がぼんやり敷いて
笹がすこうしさやぐきり
たとへばねむたい空気の沼だ
かういふひそかな空気の沼を
板やわづかの漆喰しつくひから
正方体にこしらへあげて
ふたりだまつて座つたり
うすい緑茶をのんだりする
どうして さういふ優しいことを
卑しむこともなかつたのだ
  ……眼に象つて
   かなしいあの眼に象つて……
あらゆる好意や戒めを
それが安易であるばかりに
ことさらあざけり払つたあと
ここに蒼々うまれるものは
不信な群への憤りと
病ひに移化する疲ればかり
  ……鳥が林の裾のはうでも啼いてゐる……
  霰が氷雨を含むらしい
  黒く珂質かしつの雲の下
  三郎沼の岸からかけて
  夜更けの巨きな林檎の樹に
  しきりに鳴きかふ磁製の鳥だ……
   (わたくしのつくつた蝗を見てください)
   (なるほど それは
    ロツキー蝗といふ風ですね
    白墨チョークでへりを隈どった
    黒の模様がおもしろい
    それは一匹だけ見本ですね)
おゝ月の座の雲の銀
巨きな喪服のやうにも見える


掲載誌「日本詩壇」第一巻第一号(1933年4月1日)
関連作品:「春と修羅 第二集」の「五一一〔はつれて軋る手袋と〕」