目次へ  縦書き

半蔭地選定

落葉松らくえうしやう方陣はうぢん
せいせい水を吸ひあげて
ピネンも噴きリモネンもき酸素もふく
ところが栗の木立のはうは
まづひととほり酸素と水の蒸気を噴いて
あとはたくさん青いラムプをつるすだけ
  ……林いつぱい虻蜂すがるのふるひ……  
いづれにしてもこのへんは
半蔭地ハーフシエードの標本で
羊歯しだ類などの培養には
まあまたとない条件コンデイシヨン
  ……ひかって華奢にひるがへるのは何鳥だ……
水いろのそら白い雲
すつかりアカシヤづくりになつた
  ……こんどは蝉の瓦斯発動機ガスエンジンが林をめぐり
    日は青いモザイクになってゆらめく……
鳥はどこかで
青じろい尖舌シタを出すことをかんがへてるぞ 
   (おお栗樹カスタネアちし
    なれをあさみてなにかせん)
さて古臭いスペクトル
飾禾草オーナメンタルグラスの穂
風がこんなに吹きだすと
暗い虹だの顫えるなみが
息もつけなくなるくらゐ
そこらいつぱいひかり出す
それはちいさな蜘蛛の巣だ
半透明な緑の蜘蛛が
森ぢゆういつぱいに細截機ミクロトームを装置して
虫のくるのを待つてゐる
ところが虫はどんどんとぶ
あのありふれた百が単位の羽虫の群が
みんなちいさな弧光燈アークライトといふやうに
さかさになつたり斜めになつたり
自由自在に一生けんめい飛んでゐる
それもあんなに本気で飛べば
公算論のいかものなどは
もう誰にしろ持ち出さない
むしろなさけに富むものは、
一ぴきごとに伝記を書いてやるべきだ
   (おゝ栗樹カスタネア花去りて
    その実はなほしはるかなり)
鳥がどこかで
また青じろい尖舌シタを出す


掲載誌「新詩論」第二輯(1933年7月1日)
関連作品:「春と修羅 第二集」の「一五四 アジア学者の散策」