目次へ  縦書き

ゆきばかま黒くうがちし
うなゐの子うりみ来れば
風澄めるよもの山はに
うづまくや秋のしらくも
 
 
その身こそ瓜もりせん
齢弱としわかき母にしあれば
手すさびにあか萱穂かやぼ
つみつどへ野をぎるなれ


掲載誌「女性岩手」第四号(1932年11月15日)
関連作品:「文語詩一百編」の「母」