目次へ  縦書き

一〇八七

〔ぢしばりの蔓〕

一九二七、八、二十、

……ぢしばりの蔓……
もう働くな
働くことが却って卑怯なときもある
夜明けの雷雨が
おれの教へた稲をあちこち倒したために
こんなにめちゃくちゃはたらいて
不安をまぎらさうとしてゐるのだ
……あゝけれども またあたらしく
  西には黒い死の群像が浮きあがる
  春には春には
  それは明るい恋愛自身だったでないか……
さあ
帰ってすっかりぬれる仕度をし
切できちっと頭を縛って出て
青ざめて
こはばったたくさんの顔に
一人づつぶっつかって
火のついたやうにはげましてあるけ
穫れない分は補償すると答へてあるけ
死んでとれる保険金をその人たちにぶっつけてあるけ