目次へ  縦書き

一〇八五

〔積乱雲一つひかって翔けるころ〕

七、二四、

積乱雲一つひかって翔けるころ
七庚申の碑はつめたくて
  (田の草取に何故唄はれるのか
   草苅になぜうたはぬか
   またあの崖の灰いろの小屋
   籾磨になぜうたはないのか)
午はつかれて塚にねむれば
北の和風は松に鳴り
きむぽうげみな
青緑或は
ヘンルータカーミンの金平糖を示す
  (峡流の水のやうに
   十一月の風のやうに
   絶えず爽かに疲れぬ巨身を得るために)