目次へ  縦書き

一〇八一

〔沼のしづかな日照り雨のなかで〕

一九二七、七、一〇、

沼のしづかな日照り雨のなかで
青い芦がおまへを傷つけ
かきつばたの火がゆらゆら燃える
 
雨が、雲が、水が、林が
おまへたちでまたわたくしなのであるから
われわれはいったいどうすればいゝのであらう
 
けりが滑れば
黄金の芒