目次へ  縦書き

一〇八〇

〔栗の木花さき〕

一九二七、七、七、

栗の木花さき
稲田いちめん青く平らな
イーハトーヴの七月である
    洞のやうな眼して
    風を見つめるもの……
はんのきと萱の群落
さわやかによしは刈られて
今年も燃えるアイリスの花
またわづかにひかる あざみの花
幾重の山なみに雲たゝなびき
月見草の花瓣萎む
    そのひとみのいろ灰いろにしてつゝましく
    短く刈られて赤いひげと
    風にやつれたおももちは
    更に二聯の
    精神作用を伴へば
    聖者の像ともなる顔である
飯岡山の肩ひらけ
そこから青じろい西の天うかび立つ