目次へ  縦書き

一〇七七

〔その青じろいそらのしたを〕

六、三〇、

その青じろいそらのしたを
金のあるやつらはみんなそなへが厳しいし
どこに工面に行かうにもみちがない
 ……ぬるんだ風ともひとつなにか音の渦……
このえん樹の木だ
甘いかほりといっぱいの蜂
そのコロイダーレな影のなかを
月光いろの花がしづかに降る
遠くでは規則正しく鳴らす馬