目次へ  縦書き

一〇七六

囈語

一九二七、六、一三、

罪はいま疾にかはり
わたくはたよりなく
河谷のそらにねむってゐる
 
せめてもせめても
この身熱に
今年の青い槍の葉よ活着
この湿気から
雨ようまれて
ひでりのつちをうるおほせ