目次へ  縦書き

一〇七四

〔青ぞらのはてのはて〕

一九二七、六、一二、

青ぞらのはてのはて
水素さへあまりに希薄な気圏の上に
「わたくしは世界一切である
世界は移らう青い夢の影である」
などこのやうなことすらも
あまりに重くて考へられぬ
永久で透明な生物の群が棲む