目次へ  縦書き

一〇六九

〔すがれのち萱を〕

五、十五、

すがれのち萱を
ぎらぎらに
青ぞらに射る日
    川は銀の
    川は銀の
  恋人のところからひとりつゝましく村の学校に帰って
  彼女は食品化学を勉強してゐるのである
一点つめたくわたくしの額をうつものは
青ぞらから来たアルコール製の雨であるか
龍が持ってきた薄荷油の滴であるか
青い蠅が一疋
   思想の隅角部を過ぎる