目次へ  縦書き

一〇六八

〔エレキの雲がばしゃばしゃ飛んで〕

五、十四、

エレキの雲がばしゃばしゃ飛んで
一本の杉の枯れた心が
避雷針とでもいふやうに
二露里に亘る林のなかに立ってゐる
  こんもりと新芽をふいた白樺の下に
  一つの古いそりが置きすてられる
 
    ……岩手山麓地方の
      ブッシュタイプに就て研究せよ……
    Numph, Nymphaus, Nymphaea
羊歯の花を借りてきて
いっぱいにつけた古い楢の木ででもあるか
 
雲は黒い尾を曳いて
しづかにまはりをかけちがふ