目次へ  縦書き

一〇六五

〔さっきは陽が〕

五、十二、

さっきは陽が
草地から来たのに
こんどはひかる雲の裂け目から来やうとする
 
今年もすっかり
手がひゞ入ってしまった
   みだれた雲と
   たくさんの羽虫
風は吹くけれども山鳩はなくのである