目次へ  縦書き

一〇六二

〔墓地をすっかりsquareにして〕

五、九、

墓地をすっかりsquareにして
古くからの馬頭観音はとりのけたし
枝垂れの巨きな桜はきれいに伐ってしまった
その崖下を昔からのけはしい山川が
春は春らしくながれてゐる

小林区が行ってしまってから
苗圃は荒れた粟畑になり
腐植も減ってあちこち茶いろにぶちてしまった
針金製のインクラインが
鼠いろの凝灰岩を吊して
つぎつぎ川からのぼってくる

    日あたりの荒い岩かどを
    巡礼のこゝろもちで
    つゝましく
    西の温泉から帰ってくる
    百姓の家族たち